• 美しい家

施設を元に戻す

キッチンのある部屋

不動産における原状復帰とはなんでしょうか。不動産を賃貸契約した場合。マンションやアパートを探します。駅前の不動産仲介業者に頼むことがあると思います。気に入った物件を探します。実際に行ってみるなどします。他の物件を見てみることもあります。そしてとうとうここに決めたとなります。大家さんと賃貸契約を結ぶ訳です。契約に関する条件。敷金、礼金、家賃といった条件。法律的な関係に同意しなければなりません。そこで登場するのが原状復帰義務です。これはアパートやマンションの契約を解除する時。借りた時の状態に戻さなければいけないということです。住んでる間につけたキズや破損をもとの状態に戻します。これを原状復帰と呼びます。契約書などに書いてあるのでよく確認してから契約を結びましょう。

さていざマンションから出て行こうとします。その場合不動産屋さんが部屋の状態を確認してキズや破損を調べます。そして破損があった場合には不動産屋さんが業社に委託して修理します。そのための資金が敷金です。修理にはこの敷金が充てられます。礼金の方は仲介手数料です。こちらは戻ってきません。ですから部屋を出る際にはキズや破損は自分で直してしまいましょう。私も敷金が戻ってくるようにかなりきれいに部屋を使いました。キズもつけませんでした。それでも原状復帰の判断は不動産屋さんに委ねられます。確かいくらか戻ってきた程度だと思います。立つ鳥後を濁さずといいます。きちんと次の人のためにきれいにしてお返ししましょう。ただ部屋の状態は別として、新しい入居者が決まるとリフォームするところが多いようです。

オススメリンク